コイン占って知ってる?やり方と運勢の見方

コインで運命とか占っちゃう?

おすすめリンク

パワースポットの属性の種類

パワースポットには属性があると言われます。属性の種類を知って、効果的に運気を上げてみませんか?

シンプルだから割と身近に行われているコイン占い

コイン占いは、割と古い時代から行われていそうなイメージです。もちろん、コインが時代的に流通してなければコイン占い自体がないでしょうけど。黒か白か、右か左か、表か裏か、などのシンプルなものならなおさらですよね。ルーツとはどのころからなのでしょうか?

いつ頃からコイン占いって行われているのかしら?

映画や、ドラマなどで、コインを投げて「表か、裏か?」などというシーンを見たことがありませんか?大事な選択なのに、何をコイン出決めるのかな、などと思ったりします。ですが、重要なことほど自分で決められず、運に任せてしまうところはあるのかもしれません。例えば、自分で決断ダンスルームには重すぎるような出来事が起きた時、どちらも良い案件で自分では選択できないとき、もしくは、はどちらも悪い案件ということももちろんありますね。そのような、色々な選択しなければならない事項があったとして、これまた、ちょっと無責任な方法かもしれませんが、コイン占いので決めることは、少なからず、あるかもしれません。コインで物事の選択を委ねることは、自分の責任を軽くするのに、ちょうど良い占いなのかもしれません。もちろん、占いで、事を進めるのはどうかとも思います。なぜなら、自分の意思を表示するわけでなく、自分で決断を出して、物事を決定することではなく、まさに「神頼み」なわけですから。ですが、それによって、自分で決めたわけではないという安心感も、もしかしたら出たりして、それによって。心の負担も少なくなるでしょうね。ちょっと皮肉な言い方になってしまいましたが、占いをするときの心境としてはそのような考えのもとで占いに頼っている人も多くないのではないでしょうか。そんなことを考えながら、今回は色々なシーンで持ち出されるコイン占い、古くは銭投げ占いとも言ったそうですが、それについて色々と調べてみようと思います。

コイン占いのやり方

コイン占いのやり方なんて、コインを適当に投げて、落ちた時に、表か裏かで結論を出すようなものくらいしか思い浮かばないのですが、調べてみると、古くは銭投げ、などと言って、コインを何枚か使って表裏を決めて卦を決める要領で占いをされていたようです。