シンプルだから割と身近に行われているコイン占い

易占いとは何か?

コイン占いのベースは、銭占いと言いましたが、それも易占いをもとに解説があるようです。これは中国で成立した易経という由緒正しい経典で、読み解く力が必要なものだそうです。
易経と言えば、これは、森羅万象を予言する占いの書物で、内容が神秘的であり、なおかつ哲学的です。
現代でも易経を読み解く本など多数出版されています。横棒が6本重ねられているような記号と、それに解釈が必要な言葉が書かれています。これらが、占いの解読として結び付けられてきたのでしょうね。そのなかでうまれてきた易学が長い歴史を得ても解釈が定まらない理由でもあります。易占いといえば、長細い棒をガチャガチャと音を立てて振る様子などを見たことがあります。

そのコイン、表裏によって吉凶を判断する

コインを使って占うことをてきせんと呼ばれます。中国では唐の時代には、すでに行われていました。6枚のコインの表裏のよって占い、表が陽、裏が陰で、陰陽道にも通じます。日本で有名な棒をじゃらじゃらする易占いは易経をもとにしていた、周易と呼ばれています。これは中国の周時代の行われていた易という意味です。周易は、易経に書かれている哲学的な内容も踏まえた占いです。今日が運が良いとか、単純な事でいいあてて、終わるような占いではなく、そこに出た内容において、どのようなことをしたら良いかなど、占い手が、色々な行動に対してのアドバイスや、精神性や倫理性さえ解いてあげるような占い方法であるといっても過言でもありません。