コインを使って、運勢を見る

占いの結果を見てみましょう!

コインを3枚使用した場合は、8通りのパターンがあります。裏裏裏・表表表・裏裏表・裏表表の4つのパターンだけではありません。並び方も重要なのです。例えば、表表裏と表裏表では意味が違います。このように、出たコインの面の種類だけでなく並び方も重要な事なのでそれを入れた方法で、占っていくというのが、コイン占いです。例えば、3枚のコインを使う場合には、すべてが表で3枚出た時、つまり、表表表ならば、大吉です。次に表裏裏は、小吉、裏表裏は小凶、表表裏は少凶、裏裏裏は大凶、裏裏表は吉、表裏表は凶、裏表表は少凶、です。また枚数が増えればまた違うベクトルの答えがあるものだと思われます。たとえば6枚になれば64通りの答えがあるということになります。

日本のコインで占う場合、ちょっとしたこと

実は、日本のコインには裏表がないようなのです。決まってないようなので、絵が描いてある方が表なのか、数字が書いてある方が表なのか悩むところです。なので、日本のコインの場合は、絵がついていて、日本国と記入されている方をおもてとして、数字が書いてある~円と書かれている方をうらとして考えて占いするのがとりあえずの鉄板の方です。そこで、コイン占いをするときの注意することですが、占いをするときのコインは統一しておいた方が良いということです。10円玉なら全部10円玉で。ほかの種類が混ざらないようにしましょう。それから、占った内容が気に入らない内容だとしても何度も占いなおしたりするのはよくないと言われています。楽しく占いをしてくださいね。